fc2ブログ

記事一覧

雅叙園~大江戸物見遊山④【目黒区】

ホテル雅叙園東京で開催されている「和のあかり×百段階段」は展示の「灯り」だけでなく、百段階段で繋がる部屋そのものも興味をそそります。当時の著名な画家が腕を競って描いた欄間や天井、襖。もちろん、床柱や梁の材そのものも銘木揃いです。そしてどうしても目が行ってしまう職人たちの技の粋を集めた障子や建具の造作。この時代の大店の若旦那に生まれたかった。。。ついでと言ってはナンですが、雅叙園の1階フロアを散策。た...

続きを読む

和のあかり~大江戸物見遊山③【目黒区】

大江戸物見遊山の2日目。ホテルを出て、目黒へ...ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園)で開催されている『和のあかり×百段階段』1935(昭和10)に建てられた、ホテルの前身・目黒雅叙園はその絢爛豪華な造りから「昭和の竜宮城」とも称され、会場の「百段階段」はその3号館にあたり、現存する唯一の木造建築。99段の長い階段廊下が晴れやかな宴が催された7つの部屋を繋いでいます。豪華な装飾が施されたそれぞれの部屋に「灯り」をテ...

続きを読む

日本電波塔~大江戸物見遊山②【港区】

切子のグラスを作った後、昼食がてら、浅草の街をぶらぶら...その後、予約したホテルのある港区芝に移動しました。シャワーを浴びて一服したら、次の目的地。芝と言ったら、東京タワー(正式名称;日本電波塔)です。やっぱりスカイツリーよりもこっちなんですよね~お目当ては地上250mにあるトップデッキ(旧称;特別展望台)からの夜景。ツアー形式の予約制になっていて、ちょっと時間があったので、「東京タワー水族館」へ....

続きを読む

江戸切子~大江戸物見遊山①【台東区】

恒例の夏の小旅行...今年は趣向を変えて、あえての東京を選びました。初日は浅草へ...朝9時30分頃に到着、先ずは浅草寺にお詣り。まだ早い時間ということもあって、日曜日ながら仲見世もさほど人は出ていませんでしたが、皆、日陰になっている側を歩くので、混雑感は通常通り...そして目的地に向かうまで、廻りから日本語はほぼ聞こえてきませんでした。。。で、初日の目的地は『グラスファクトリー創吉』ここで、江戸切...

続きを読む

あしがら花火大会【松田町/開成町】

遅ればせながらの夏休みが始まりました。やっぱりひと夏に一度くらい花火に行かなくちゃね~、とまずは「あしがら花火大会」へ。1500発 40分と小規模の花火大会ですが、テンポよく次々と上がって、楽しめました。三脚で固定しちゃうから、同じアングルばかりに。。。せっかく今夜は小望月。なればと、月と一緒に撮ってみたり。思い切ってググっと寄ってみたり。。。もっと色々試してみたいのですが、そうそう機会もないですしね~...

続きを読む

御静養之地【沼津市】

先日、またまた所用で静岡に行くついでに、沼津御用邸を訪問してきました。沼津御用邸は、大正天皇(当時は皇太子)の御静養先として明治26年(1893)に本邸が建設されました。その後、御学問所として東附属邸が建設され、次にご幼少であった昭和天皇(当時は皇孫殿下 4歳)のお住まいとして西附属邸が整備され、大正11年(1922)の増築を経て完成をみました。昭和20年(1946)7月の沼津大空襲により本邸は焼失しましたが、東西附...

続きを読む

百日紅

朝晩はだいぶ秋めいてきた気がする今日この頃。それでも日中はまだまだ油断できません。晴れても風が爽やかだった昨日に比べ、今日はまたちょっと湿度が上がったようで。。。街路の百日紅もいよいよピークを迎え、見た目の暑苦しさも今少しの我慢です。汗を拭き 怖いモノ見たさの 百日紅本日、8月19日は俳句の日ということで......

続きを読む

科特隊

以前、ご紹介したことがありますが(「跡地」)自分が5歳~29歳まで暮らした実家の跡地で現在、新東名の建設が進められています。...と思ったのですが、高速道路ではなく...何かの基地が、密かに建設されていたのです!科学特捜隊の基地では?...

続きを読む

涼をおすそ分け~夕日の滝【南足柄市】

多少和らいだかと思われた暑さもぶり返し、外に出るのも躊躇われる気温ですが、そこはそれ、だったら涼し気な場所に行けばいいじゃん、ということで、南足柄の夕日の滝へ。。。とは言っても、軟弱な我々の選択は、それほど遠く無く、駐車場からそんなに歩かなくていい滝、というチョイス。近場のキャンプ場やBBQスポットは家族連れで賑わっていましたが、滝の周辺は人も少なく、のんびり涼をとる事ができました。まだしばらくこの...

続きを読む

大山絵とうろう祭り【伊勢原市】

丹沢大山の夏の風物詩「絵とうろう祭り」に行って来ました。10年くらい前から始まったイベントですが、なんだかんだで初めての訪問となりました。薄暗くなった阿夫利神社下社には多くの行灯が並び、社殿にはライトアップされた和傘が配されます。下社からの夜景は雲でかすんで今いちだったし、雷も鳴り始めたので、ケーブルカーで下山。参道沿いの宿坊や料理屋の玄関先には趣向をこらした絵とうろうが並びます。部分部分で見るとそ...

続きを読む

プロフィール

aqui屋

aqui屋


平成最後の春、
y社ブログから転居して参りました。

ふらふらと出かけて撮った諸々を
つらつらアップしていきます。

何卒ご贔屓のほど。。。

最新記事

👣足跡👣

ブロとも申請フォーム