fc2ブログ

記事一覧

秋へ...

先日、小雨が降る中、秋を探しに鎌倉に出掛けました。まだちょっと気が早かったようで、「秋を感じる」とまではいきませんでしたが、気配程度は感じられました。自然にできた「虫鬼灯」日に透かして撮ってみたいところです。。猛暑の中、元気に(暑苦しく)咲いていた百日紅も冷たい雨に打たれていました。清楚で清らかな蓮の花も、もう見られません。枯れた果托が寂しげに風に揺れています。ホトトギスが咲き始めていました。コム...

続きを読む

ホテイさん

金魚を飼っている火鉢に浮かべようと、6月頃に買ってきた2株のホテイアオイ猛暑の影響か、みるみる増えて30株ほどになったのですが、なかなか花は付かず。。。浮かべているだけでは花が付きにくいと聞いて、数株を移して、土を入れて、ようやく花茎が伸びてきました。8/26 5:10am実は、この蕾は初めての花ではないのですが、花が開くのは朝7時~8時頃、1日花のため、夜には萎んでしまいます。と言うことで、仕事のある日は...

続きを読む

茅葺屋根の風景~西湖いやしの里 根場

2日目の赤富士から始まった今回の旅行記ですが、初日にまず向かったのは、富士五湖の一つ西湖の奥にある「西湖いやしの里 根場(ねんば)」旧足和田村根場(ねんば)地区は、かつては茅葺屋根の民家が並ぶ集落でしたが、昭和41年の台風災害で壊滅的な被害を受けてしまいます。その後、平成15年に、かつての美しい風景を甦らせようと復元事業が起き、平成18年にオープンしたのが、この「いやしの里」とのことです。成立の経...

続きを読む

富士と向日葵~花の都公園

荘厳な赤富士の姿を満喫した後、そのまま車を走らせて向かったのは、花の都公園。今夏、ひまわりの姿を撮っていなかったので、ここで楽しむことに。。。早朝のひまわりには、まだ朝露がついていました。   ・・・マクロ持っていけばよかった...なんだか、花があっちこっち向いてますね。実は、早く成長していたひまわりは、台風になぎ倒されてしまって、その後、1本1本手作業で起こしたそうです。当然、ここでの狙いは「富...

続きを読む

凱風快晴~赤富士

ひと足遅れての夏休み、1泊2日で山中湖方面に行ってきました。初日は西湖近辺をうろうろし、山中湖湖畔のホテルへ...夕飯の時間に、明朝早く富士山を撮りに行くことを告げると、女将さん曰く、「知り合いの写真家さんが、『明日は赤富士が見られる』って言ってましたよ」赤富士と言うと、北斎の、アレ?葛飾北斎『富嶽三十六景/凱風快晴(がいふうかいせい)』   朝焼けに赤く染まる富士山、いいね~とその気になって、3...

続きを読む

あぁ夏休み

世間様とはひと足遅れて、今日から夏休み。まずは1泊で山中湖方面に行ってきます~今年の夏休みはどんなワクワクに出逢えるかな。。。                           ※写真と本文は(ほぼ)関係ありません。                 (ちなみに山中湖にクラゲはおりません)...

続きを読む

立秋祭・ぼんぼり祭 【鶴岡八幡宮】

暦の上では「秋」になりました。あくまでも暦の上では。。。立秋の昨日、鎌倉の鶴岡八幡宮に行ってきました。午後17時から、舞殿で執り行なわれるのは、夏の間の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告する「立秋祭」一昨年も紹介しましたが、この神事では、様々な供物と共に、神域で育った鈴虫が供えられます。暑い中、身じろぎもしない巫女さんの凛とした後ろ姿に思わずこちらも背筋が伸びます。この後、神楽が奉仕されるのですが...

続きを読む

台湾旅行記・完

 長々とお付き合いを頂き、ありがとうございました。台湾旅行記の最後は、なんともまとまらなかったので、スナップ写真をスライドショーにしてみました。 大好きなバド・パウエルのピアノと共にご紹介します~                                &nbs...

続きを読む

温故知新 ~華山1914創意文化園區

今回の台湾旅行記は、古い街並みばかりを紹介してきましたが、古い建物を現代に活かして使っている場所もあります。台北からMRT(地下鉄)で2駅、「忠孝新生」駅から徒歩10分。都会の真ん中にある古くて新しいアート発信地「華山1914創意文化園區」です。ここは、1914年に、日本芳醸株式會社が清酒製造のために建設した工場の跡地。1987年に工場が移転してから、放置されていたこの建物群に、台湾の若者が忍び込んでスプレー...

続きを読む

本当にあった死語の世界。。。

ちょっと気になったので調べてみました。赤信号で停車中、スマホで街並を撮影した。~これは、違反になるのか?【道路交通法 第71条第5号の5】自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができない...

続きを読む

プロフィール

aqui屋

aqui屋


平成最後の春、
y社ブログから転居して参りました。

ふらふらと出かけて撮った諸々を
つらつらアップしていきます。

何卒ご贔屓のほど。。。

最新記事

👣足跡👣

ブロとも申請フォーム