fc2ブログ

記事一覧

R-18

この時期、またまた可哀そうな名の花が咲いている。以前に記事(『いくらなんでも、あんまりじゃないですか!』)を書いたヘクソカズラも可哀そうだが、とても公衆の面前ではご紹介できない...と言いつつ... オオイヌノフグリ(以下、自主規制させて頂きます)  名前の由来は、実の形にあるというので、探してみたが見当たらず、掟破りの画像拝借。      これは在来種のイヌノ...

続きを読む

水もしたたる。。。

古刹の山門に積もった雪が翌日の日に照らされて融け椿の葉を叩いていました  艶のある葉に新鮮な雪解けの雫  小人になってこの雫の下に坐していれば何かが分かるのだろうなと思いました。                                                   (鎌倉/杉本寺にて)...

続きを読む

延頸挙踵(えんけいきょしょう) 【浄妙寺】

■ 今日の四字熟語 ■ 延頸挙踵(えんけいきょしょう)・・・頸を延べ踵を挙ぐ(くびをのべかかとをあぐ)   首を伸ばし、爪先立って待ち望む。酷(ひど)く待ち焦がれるさま。    ―― * ―― * ―― * ―― * ―― * ―― 菜の花から河津桜へ、ちょっと先走ってしまいました。だからという訳ではないのですが、昨日は梅を見に鎌倉へ... 鎌倉市浄明寺にある、臨済宗建長寺派浄妙寺。(何故か地名は「妙」ではなく「明」...

続きを読む

冬を忘れて~あぐりパーク嵯峨山苑 【松田町】

昼前から雪になった今日。積もりはしなかったが、あがった後も空気は冷たく、春はまだ遠いということを実感。それでも一歩一歩近づいているはずの春に想いを巡らし... 先日、古民家の雛人形の饗宴を観た後に、松田町に寄って来ました。小高い山の、南向きの斜面に広がる菜の花畑です。  菜の花越しに眼下に広がるのは、足柄平野と酒匂川。  ここの菜の花は全て食用に栽培されているもので、その農家が...

続きを読む

春来たるらし

 梅の花今盛りなり百鳥(ももとり)の声の 恋しき春来たるらし  (梅の花が今を盛りと咲き、たくさんの鳥の声を聞きたくなる春がきたのだろう。)   とは言え、まだまだ寒いですね...  ...

続きを読む

雛の饗宴~瀬戸屋敷 【開成町】

足柄上郡開成町で代々名主を務めていた瀬戸家のお屋敷。その築300年という古民家で、昨日から「瀬戸屋敷ひなまつり」が始まったということで、早速出掛けてみました。 以前からお付き合い頂いている方はご存知かと思いますが、ここは昨年の6月に『ばあちゃんち』として紹介した古民家です。  今年で10年目となるこの催しは、町の婦人会主催のものだそうですが、そもそも、江戸時代から瀬戸家に伝えられてきた...

続きを読む

あずさに乗って。。。

世間は3連休の真っ只中。登山の支度をした中高年、スノボを背負った若者たちに紛れ、中央本線特急あずさに乗って、山梨県の甲府まで出張で出掛けてきました。 予定よりちょっと早く仕事が終わったので、せっかくなので甲斐の国の総鎮護 武田神社へ... 武田神社は、武田信玄公を祭神として祀った神社。鳥居前には、ご存知『風林火山』の幟がはためいていました。(カメラを持って行かなかったので、スマホ写真です)&...

続きを読む

馥郁たるかほり 【明月院】

まさか第4弾があるとは...と皆さんの呆れ顔が目に浮かびますが。まあ私自身もそんなつもりはなかったので当然と言えば当然。おかげでタイトルに苦労しました。 「馥郁(ふくいく)」・・・よいにおいがあたりに広く漂うさま。 紅葉の時期と同じ過ち(?)を犯してしまうところでした。あちらこちらで蝋梅の香りを楽しんでいたのですが、「あ!鎌倉の蝋梅忘れてる!」と。 で、鎌倉で蝋梅と言えば...紫陽花寺と...

続きを読む

吹き戻し

見たことはあるけど、名前を知らない物って意外と多い。 「吹き戻し」 昔は、駄菓子屋や縁日でよく売っていた、口にくわえて、ぷぅ~~って吹くと、丸まっていた紙の筒が、ぴょ~~と伸びて、また、くるくるくるっと丸まりながら戻ってくる、あれ。 で、なんでくるくる戻ってくるのかと思ったら、丸まった紙筒の中に、しごいて巻き癖を付けた細い金属の線材が入っているのだそう。なるほど、よくできている。 ...

続きを読む

プロフィール

aqui屋

aqui屋


平成最後の春、
y社ブログから転居して参りました。

ふらふらと出かけて撮った諸々を
つらつらアップしていきます。

何卒ご贔屓のほど。。。

最新記事

👣足跡👣

ブロとも申請フォーム